オーナーズブックとは | 教えて!オーナーズブックのコト リスクや税金まで

オーナーズブックとは

最近ではインターネットを通して、簡単に投資にチャレンジできるようになっています。
そのようなときに利用されるサービスの1つが、オーナーズブックになっています。
オーナーズブックとはどんなものになるのでしょうか?

▼ 目次

オーナーズブックのメリット

まずオーナーズブックとは、ソーシャルレンディングを利用できるサイトの1つになっています。
ソーシャルレンディングとは、クラウドファンディングによく似たもので、お金を借りたい個人や企業が、インターネットを通して資金を集められる仕組みのことです。
お金を集めて何か事業などをやりたい個人や企業にとっては、銀行などの金融機関以外からお金を借りれるのがメリットです。
銀行ではお金を借りれない中小企業や設立直後の会社でも、事業や運用などのためにお金を集められます。

そしてソーシャルレンディングはお金を借りたい個人や企業だけでなく、お金が余っている個人にもメリットがあります。
その余っているお金をソーシャルレンディングを通して誰かに貸すことで、簡単に資産運用ができるのです。
このときにまとまったお金がなくても問題はありません。
お金が余っている個人から少しずつお金を集め、結果的に大きなお金にまとめて貸し出すのがソーシャルレンディングとなるため、非常に少額から投資できるのです。
オーナーズブックとはこのようなソーシャルレンディングサービスの1つになっており、ここを利用すると、個人にとっては少額から気軽に投資できますし、お金を集めたい個人や企業にとっては、貴重なノンバンク系の資金調達の場になっています。

オーナーズブックの運用会社は?

そして間違えずに確認しておきたいのは、オーナーズブックとはソーシャルレンディングのプラットフォームのことで、運用会社の名前ではありません。
オーナーズブックの運用会社となるのは、ロードスターキャピタル株式会社です。
こちらが運用しているソーシャルレンディングサイトがオーナーズブックとなりますから、間違えないように注意してください。

この運用会社はどんな会社でしょうか?
こちらは不動産を扱っている会社です。
宅地建物取引業や総合不動産投資顧問業など、不動産のプロとなる会社の1つです。
このような会社が運用しているだけに、オーナーズブックとは不動産の案件を扱うソーシャルレンディングとなっています。
これらサービスを利用するとき、よくあるクラウドファンディングのように、どの案件に投資するのかは自分で選べます。
このとき、オーナーズブックにあるのは基本的に不動産案件ですから、どの不動産案件に投資するのかを選ぶ形になるのです。

オーナーズブックは取り扱いの難しい不動産投資ができるのが魅力

不動産への投資はよくわからないと感じる方も多いでしょうが、オーナーズブックは個人でも気軽に不動産投資ができるソーシャルレンディングだと言われています。
その理由は、運用会社が不動産運用や売買のプロだからです。
このサイトの運用会社は、自身でも不動産の管理や運用、売買をやっています。
そのような会社によるソーシャルレンディングサービスになるため、載っている案件をしっかり厳選できるのです。
不動産は特殊な資産で、取り扱いが難しいことでも有名ですが、そのプロが厳選した案件が載っているこのオーナーズブックなら安心だと、よく言われているのです。

これはオーナーズブックのメリットにもなっています。
比較的将来性があり、投資したときにリターンが見込める案件を個人で見極めるのは非常に難しいですが、そこを不動産のプロとなるオーナーズブックの運用会社がやってくれるわけです。
このおかげで、個人でもかなり現実的な不動産投資が気軽にできます。

オーナーズブックは運用会社が安定しているのも魅力

このほか、運用会社が安定して経営されている会社になるため、サービスも安定して利用できるともよく言われています。
これもオーナーズブックのメリットの1つです。
ソーシャルレンディングを通して投資するのは、もちろん費用を増やすためとなるでしょう。
このときに元本を貸し出す期間は、1〜3年といった期間になることが多いです。
比較的短期間の貸し出しにはなりますが、それでも1〜3年といった期間では、1つのサービスや企業が破産することもありますよね。

もしソーシャルレンディングの運用会社が破産しても、個人投資家の資金は別々に管理されており、予定通りに戻ってくる可能性もあるのですが、そうならない可能性もあります。
なにせその投資の段取りや仲介役を担っていた会社が突然いなくなるわけですから、かなりの混乱が起き、資金回収が予定通りに進まなくなるリスクはあります。
これはソーシャルレンディングで避けられないデメリットですが、オーナーズブックなら運用会社の経営が安定しているため、比較的安心だといわれているのです。
これはオーナーズブックを選んだときのメリットですね。

このようにオーナーズブックとは不動産のプロが運用する、不動産を扱うソーシャルレンディングとなり、メリットも多いです。
ただし、デメリットやリスクがないわけではありません。
実際にこちらで投資するときは、それらデメリットやリスクも含めて判断することが大事です。

オーナーズブックの実際の評判は?

新着情報

オーナーズブックと株価

オーナーズブックのメリットやデメリットを調べるとき、運営会社の株価を見るのも大事なポイントです。
オーナーズブックの運営会社は上場企業となるため、その株式は一般に向けて広く公開されており、希望すれば売買への参加もできます。
その他の上場企業と同じく、株価もそのときの状況や会社の運営状況などにより、上下します。
これが運営会社の評価や期待度を判断する1つの基準になるわけです。
オーナーズブックの将来性や健全性を判断するときにも使えますから、株価にも注目してみるといいでしょう。
≫ 『オーナーズブックと株価』

オーナーズブックは安全?

投資をするうえで、その商品や仲介会社が安全かどうかは、やはり気になることですよね。
できるだけ安全な商品や仲介会社を選びたい方が多いでしょうが、オーナーズブックの安全性はどうでしょうか?
これは比較的安全だという評判は多いです。
安全性を重視したい方も、オーナーズブックは一度検討してみたいソーシャルレンディングになるでしょう。
≫ 『オーナーズブックは安全?』

オーナーズブック運営会社について

オーナーズブック運営会社情報をご紹介しましょう。
こちらはロードスターキャピタル株式会社が運営しているサービスとなります。
この会社は何をしているのかというと、自身でも不動産取引をやっている会社です。
オーナーズブックの運営だけを専業にやっている会社ではありません。
オーナーズブックはよく不動産のプロが運営しており、案件もプロが厳選しているために安心だといわれるのは、この運営会社自身がやっているビジネスによるものです。
≫ 『オーナーズブック運営会社について』

オーナーズブックでの投資額は?

ソーシャルレンディングのメリットは、小口の投資ができることとよく言われます。
ではオーナーズブックの投資額は実際にいくらになっているのでしょうか?
これは1万円からと、非常に小口の投資額からOKとなっています。
高額なお金がなくてもオーナーズブックで不動産投資にチャレンジできるのは、非常に大きなメリットですね。
≫ 『オーナーズブックでの投資額は?』