オーナーズブックでの投資額は? | 教えて!オーナーズブックのコト リスクや税金まで

HOME » オーナーズブックの基礎知識 » オーナーズブックでの投資額は?

オーナーズブックでの投資額は?

ソーシャルレンディングのメリットは、小口の投資ができることとよく言われます。
ではオーナーズブックの投資額は実際にいくらになっているのでしょうか?
これは1万円からと、非常に小口の投資額からOKとなっています。
高額なお金がなくてもオーナーズブックで不動産投資にチャレンジできるのは、非常に大きなメリットですね。

これはどういうことかというと、自分が気になる不動産案件に応募するとき、投じるお金は最小で1万円からでOKとなっているということです。
もちろん投じるお金が小さくなると、リターンも小さくなります。
もっと大きなリターンを期待するなら、できるだけ高額投資をする必要はあります。
ただ、そんなに高額な投資をできる方ばかりではありませんよね。
数万円といったお金なら余っていても、数十万円、数百万円といったお金は余っていない方など、大口の投資は難しいことになります。

投資案件では最小金額が比較的高額になっており、最低でも数十万円からしか投資できない商品もよくあります。
特に不動産関係は、投資額の最小金額が高くなりがちです。
これに比べて、オーナーズブックの投資額は最小1万円からOKとなっていますから、投資にあたってまとまったお金を準備する必要がありません。
もちろん最小金額として1万円は用意する必要がありますが、これくらいなら一般の勤め人の方でも比較的簡単に用意できますよね。

最低でも1万円用意できたら、もう投資に参加できます。
一般人でも気軽に投資ができるよう、最小投資額が低めに設定されているのは、オーナーズブックの大きなメリットです。
ここはソーシャルレンディングらしい特徴ともいえるでしょう。
そして実際の投資額は、最低1万円のところから好きに決められます。
どれだけのお金が余っているのかは、人によって金額が変わるでしょう。
もう少し動かせるお金があるなら、その金額をオーナーズブックでの投資額としてもOKです。

オーナーズブックを利用したときの配当金は、投じたお金に応じて割り振られますから、高額投資をした方ほど、配当金も大きくなります。
まとまった金額が余っており、それを投資に回したいなら、ある程度まとまった金額をオーナーズブックの不動産案件へと投資するといいでしょう。
投資額の決め方は、1万円以上のところで、1万円単位で決められます。
5万5000円といった金額は投資できませんから、このときは5万円にするか、少し増資して6万円にするかを決める形になります。
このように最小投資額以上のところで、自由に金額を決められるのもオーナーズブックのメリットです。