オーナーズブックの利用と税金 | 教えて!オーナーズブックのコト リスクや税金まで

HOME » オーナーズブックの基礎知識 » オーナーズブックの利用と税金

オーナーズブックの利用と税金

オーナーズブックを利用すると、個人でも気軽に不動産投資ができ、余っているお金で利益を上げられます。
ただ、利益を上げたときに気になるのが、税金のことですよね。
オーナーズブックを利用して利益を上げると、それにはもれなく税金がかかります。

このときの対応ですが、まずサラリーマンの副業としてオーナーズブックでの投資をしていた場合、年間で得たその配当などでの所得が20万円を超えた場合、確定申告が必要です。
その金額がもし20万円以下だった場合、確定申告は必要ありません。
ただし、確定申告が不要な場合でも住民税の申告は必要になりますから、何らかの対応は必要になります。

このようにオーナーズブックで得た年間の配当などでの所得が20万円を超えるかどうかで対応が変わるのですが、この20万円という基準は、サラリーマンの副業でよくいわれるラインですね。
オーナーズブックの利用以外にまったく別の副業をしているときも、その副業での所得が年間20万円を超えた場合、普段は確定申告などあまり必要ないサラリーマンでも、自分で申告する必要があります。
オーナーズブックでの税金対応もこれと基準は同じで、年間に得た配当などでの所得が20万円を超えたら、確定申告が必要になります。
この基準で確定申告の必要性は判断してください。

ただ、この年間20万円以下なら確定申告不要というのは所得税での決まりであり、住民税には適用されません。
住民税では年間に副収入があれば原則申告が必要になります。
確定申告をした場合はその内容がそのまま住民税にも適用されるのですが、もし確定申告が必要ない場合は、個別に住民税だけの申告をする形になるのです。
そのためオーナーズブックで年間に得た配当などでの所得が20万円以下でも、住民税の申告は必要になるため、まったく税金の対応が不要になるわけではありません。
この点は注意してください。

なお、オーナーズブックで得た利益の配当は、源泉徴収がすでにされています。
本業での収入がやや少ない場合、オーナーズブックで源泉徴収される税率の方が高くなるため、確定申告をすると過剰納税になっている部分を還付してもらえます。
場合によっては確定申告をした方がお得になることもありますから、必要に応じて利用するといいでしょう。

サラリーマンの副業としてオーナーズブックを利用した場合、税金はこのようになりますが、サラリーマン以外の方が利用している場合、普段から確定申告をしていると思います。
このときはオーナーズブックの年間所得に関わらず、いつもやる確定申告のときにオーナーズブックでの所得をあわせて申告をしてください。