オーナーズブックは安全? | 教えて!オーナーズブックのコト リスクや税金まで

HOME » オーナーズブックの基礎知識 » オーナーズブックは安全?

オーナーズブックは安全?

投資をするうえで、その商品や仲介会社が安全かどうかは、やはり気になることですよね。
できるだけ安全な商品や仲介会社を選びたい方が多いでしょうが、オーナーズブックの安全性はどうでしょうか?
これは比較的安全だという評判は多いです。
安全性を重視したい方も、オーナーズブックは一度検討してみたいソーシャルレンディングになるでしょう。

オーナーズブックが比較的安全だと言われる理由は、まず運営会社が不動産のプロで、そのプロが厳選した案件を紹介しているソーシャルレンディングサービスになるためです。
もし運営会社が不動産に関してあまり詳しくない会社なら、そのサイトで紹介されている不動産案件も、ピンからキリまでいろいろあることになるでしょう。
それを個人投資家の方で見分けて、有望な案件に投資する形になります。
これがオーナーズブックの場合、運営会社が不動産のプロになりますから、有望な案件や堅実な案件をある程度見分けた上で紹介してくれます。
もちろん投資にリスクは付き物ですから、自分で案件の詳細を確認し、最終的には自分で投資の判断をする必要はありますが、すでにある程度の選別をされているのは、オーナーズブックのメリットです。

このほか、オーナーズブックにはデフォルトへの備えが基本的にされているのも特徴です。
これもオーナーズブックが安全性が高いとよく言われるポイントですね。
万が一その案件の事業者がお金を返せなくなったときに備えて、オーナーズブックでは各案件ごとに担保が設定されています。
もしお金を返せなくなったら、その担保から返済金を捻出する仕組みです。
このようなデフォルトへの備えは、すべてのソーシャルレンディングで基本的に行われていることではありません。
なるべく安全性が高い案件への投資をしたいなら、オーナーズブックは比較的おすすめですね

ただし、オーナーズブックなら絶対に安全で、元本割れが起こらないわけではありません。
押さえておきたい基本として、投資に絶対の安全はありません。
その不動産案件をやっていた事業者が破産などすると、お金が戻ってこない可能性があるのです。

オーナーズブックでは担保が設定されていますが、その担保だけで配当金まで含めた債務の完済ができるとは限りません。
しかもオーナーズブックで設定されている担保は基本的に不動産ですから、その時々の時価の影響を受けます。
設定当時は十分な担保だったとしても、それが担保として必要なときになると値下がりしており、十分なお金を用意できなくなることもあるのです。
オーナーズブックは比較的安全なサイトだとの評判はありますが、投資する前にはよく注意し、戻ってこなかったとしても破産しない程度のお金を投じるようにしてください。